歯臓治療とは

当クリニックの治療は、歯科治療ではなく、歯臓治療と言います。これは、これまでの歯が単に食べるための道具に過ぎないと

いう考え方ではなく、歯は代用することができない恒常性に影響を及ぼす重要な臓器であるという考え方を指しています。この恒常性が破綻すると全身の不調を引き起こします。

これを歯臓理論(歯中枢説)と呼びます。これまでの歯科治療は、安易に歯を抜いたり、削ったり、埋めたりしてきました。その結果、様々な不調や重金属被害を生んでおります。

当クリニックでは、歯が全身に影響する大切な臓器である「歯中枢説」に基づき、『口』の問題が全身に影響を与えているという、まさに医学の盲点に光を当て、真の健康体を目指す全身歯科学の観点から『歯臓治療』を行っております。

3つの約束

POINT 1

身体の能力の向上・不調改善

スポーツ選手が噛み合わせで力を発揮するように、カミアワセの調整を行い、能力の向上を行います。また、噛み合わせの悪化から起こる全身の不調の改善も目指します。

POINT 2

安心安全な素材への追求

歯科材料から様々な疾病を発症する可能性があります。口の中に入れるということは、食べ物と同じように考えなければなりません。身体への影響を第一に安全な素材を厳選しております。

POINT 3

患者様に対しての時間

患者様一人ひとりに対してやりきるまで治療を行います。患者様によって症状も異なるため、しっかりと診る時間をとり、寄り添った治療を行います。

むらつ歯科クリニックが
選ばれる理由

初めて聞く言葉でも安心して
頂ける実績があるから

1993年開業より症例数も10,000件を超えて様々な方の治療を行ってきました。それも国内だけではなく海外からも歯臓治療を受けにこられる方も少なくありません。症例についても頭痛を始め、片こり・O脚・冷え性・高血圧・アトピー・花粉症・うつ病など様々な症状が改善された実績があります。